派遣登録して仕事をするまでの流れ

派遣会社で働く時、登録してから仕事をするまで、どんな流れになっているのか知っていますか?
それほど難しいことではないのですが、流れを知っていればスムーズに手続きができるようになりますよ。

 

登録から仕事をするまでの流れ

 

1)派遣会社に登録する
登録する際には、登録会に参加してその場で登録する、事前に面接の予約を取って個別に登録する、と大きく分けて2つの方法があります。
登録会では、登録したいと思っている人を一ヶ所に集めて、数人で一緒に登録します。
わからないことを質問しにくいというデメリットがありますが、基本的にちょっとした説明を受けて、履歴書を提出し、身分証明証を提示するだけなので、すぐに終わります。
面接の予約を取って個別に登録する場合も、ほとんど同じ流れで進みます。

 

2)スキルチェック
スキルチェックでは、パソコンがどれくらい使えるのかを紙に記載したり、実際にタイピングをするなどして、どれくらいスキルがあるか見られます。
ワードやエクセルがどれくらい使えるのか、タイピング速度はどれくらい早いのかなどです。
ワードやエクセルは実際に目の前でやるというよりは、自己評価形式で、どれくらいできるのか紙に記載していきます。
タイピングは実際にパソコンで打ち込んで、出た結果を記載されるという流れになりますので、事前に練習しておくことをオススメします。

 

3)担当者に相談する
一通り登録の手続きが終わったら、担当者と相談する時間が設けられます。
これは、派遣会社によってもあるところとないところがあります。
相談をする場面では、どんな仕事に就きたいかはもちろん、どのくらいの時間帯が理想的なのかを相談できるようになっておりますので、正直に話しておきましょう。
例えば、「平日は学校がありますので午前中だけできる仕事が良い」「体力に自信がないので事務系が望ましい」など、早めに相談しておくほうが良いです。
これが登録をするまでの大まかな流れです。

 

4)仕事を紹介してもらうor探す
登録したら、その派遣会社で仕事を探せるようになります。
自分に合っていると思える仕事を見つけたら、その派遣会社に連絡して、仕事をしたい旨を伝えてください。
また、定期的にメールが届いたり、電話で仕事を紹介してもらうこともあります。
その時も同じように、紹介された仕事がしたいと伝えてください。
但し、良い仕事が見つかったら必ずできるというわけではなく、働ける人数が決まっていますので、なるべく早く連絡をしておいがほうが良いです。

 

5)仕事に就く
仕事の人数に空きがあれば、希望の仕事に就けます。
この時、仕事内容な収入、時間など自分にとって都合が良いかどうかも必ず確認してから申し込みをしてください。

 

 

文章に書くと難しいような印象を受けるかもしれませんが、派遣に登録をするのは非常に簡単で、基本的に短時間で済ませられますよ。